ガヴリールドロップアウトの原作漫画を読んだ感想

ガヴリールドロップアウトの原作漫画を読んだ感想を掲載。果たして、アニメから入った者でも、ガヴリールドロップアウトの原作漫画は楽しめるのか??
MENU

ガヴリールドロップアウトの原作漫画を読んだ感想

2017年冬にアニメ化を果たしたガヴリールドロップアウト。私はアニメから入ってすっかりハマっちゃったので、原作漫画の1〜4巻も買っちゃいました(〃∇〃)

 

で、私も買う前にちょっと不安だった「アニメと比較して原作ってどうよ?」というところを中心に感想を書いていきたいと思います。

 

ガヴリールドロップアウトを知らない人向けにあらすじや登場人物の紹介も挟みますが、不要な方は感想の項目まで飛ばしちゃってください。

ガヴリールドロップアウトのあらすじ

天使学校を主席で卒業した天使・ガヴリールは、人間のことをよりよく知るため下界に降り、人間たちにまぎれ人間の高校へ通うこととなる。

 

これは立派な天使になり、多くの人間を幸せに導くための修行。

 

・・・だったが、人間界でネトゲにハマってしまったガヴリールは、天使学校時代の見る影もなく、落ちぶれてしまうのだった。

 

一日中、ネトゲをやってて、学校に行かないことも多く、髪はボサボサ、輝いていた瞳は死んだ魚のような目に。

 

あまつさえ、ネトゲで嫌なことがあったら、人類を破滅させてしまおうとする始末。

 

これは下界に降りたった天使と悪魔のドタバタ日常物語。

ガヴリールドロップアウトの主な登場人物

ガヴリール(天馬=ガヴリール=ホワイト)
天使。天使学校主席卒業で、性格も天使そのものだった。が、人間界でネトゲにハマり、別人のようにやさぐれてしまう。
無気力担当。授業中にゲームをやったり態度は褒められたものではないが、さすがは元主席と言うべきか、テストの点は悪くない。

 

ヴィーネ(月乃瀬=ヴィネット=エイプリル)
悪魔。人間界でガヴリールと同じクラスに在籍している。ガヴリールととても親しい。
この漫画イチの常識人。極めて善良な人格で、悪魔なのに悪魔らしくないことを気にしている。

 

サターニャ(胡桃沢=サタニキア=マクドウェル)
悪魔。人間界でガヴリール・ヴィーネと同じクラスに在籍している。
バカ担当。しかも中二病気味。極度の味覚音痴で、不味さや辛さに尋常じゃない耐性がある。

 

ラフィエル(白羽=ラフィエル=エインズワース)
天使。ガヴリールと同期の天使学校出身で次席卒業。現在は人間界でガヴと同じ学校(隣のクラス)に在籍している。
鬼畜担当。サターニャをからかい用の玩具として気に入っており、いつもサターニャ「で」遊んでいる。

ガヴリールドロップアウトの感想

「アニメは面白いけど、漫画はつまらなかったら嫌だな・・・」と思い、アニメは1話から気に入っていましたが、アニメが4話まで進んだ時点でようやく漫画を買う決心がつきました。

 

で、漫画の感想ですが、アニメと違って声が無いのは寂しいですが、十分に漫画だけでも楽しめる内容となっていました+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

 

1巻1話の時点では「ちょっと画力が怪しいかな?」とも思いましたが、みるみる「こなれ感」が出てきて、1巻の終盤にはもう違和感なかったです。

 

まだアニメでは収録されていない部分のエピソードも面白く、少なくとも「アニメは面白いけど漫画はつまらない」という代物ではありませんでした。

 

というか漫画の方を見ると、アニメがすごく原作を忠実に再現しているのが分かります。漫画を見てて「あ、このカット、アニメでも見た!」っていうのが多かったですから。

 

アニメの方は改変もありますが、原作の良い所はきちんと残してる感じ。さすが動画工房さん、可愛いアニメやらしたら、ハズレないっすわ〜。

 

ちなみに私はキャラクターではサターニャが好きなんですけど、漫画でもサターニャはバカ可愛いかったですw

 

個人的に好きなのは、ガヴとヴィーネのなりそめを聞いて、目が点になるサターニャ。あそこ、漫画もアニメもそのままw

 

ガヴリールドロップアウトのアニメが気に入った人なら、原作漫画もきっと楽しめると思いますよ。事実、私もそうでしたから☆(ゝω・)

このページの先頭へ