花君と恋する私が3巻無料だったので試し読みしました

熊岡冬夕の漫画「花君と恋する私」が3巻も無料だったので読んでみました。ありがちなラブコメながら、学生の頃の淡い感情の表現が上手で、とても引き込まれる作品。
MENU

花君と恋する私が3巻無料だったので試し読みしました

まんが王国で「花君と恋する私」が3巻も無料だったので読んでみました。

 

普通の学生ストーリーなんだけど妙に愛着の沸くキャラだらけで個人的には大好きです!

 

学生の頃の「付き合う?付き合わない?」ぐらいの時期の感情表現がとっても上手だなって思いました!

花君と恋する私のあらすじ

花君は無謀な恋をしている。

 

花君が恋する相手、それは自分達の通う高校の教師、こまりちゃん。

 

そのこまりちゃんがちょっとからかわれていたからって、相手の生徒を殴り倒して停学になってしまうほど。

 

そんな停学中の花君が、教室から抜け出そうとしてるところに出くわしたのをきっかけに、いつの間にかどんどん花君に惹かれていく七世。(花君の学校では停学中も登校させられ別室で授業)

 

恋する花君にハマった七世は、その恋心がいつか自分に向けば…と願いながらもこまりちゃんへの気持ちを応援する。

花君と恋する私の主な登場人物

花 大好(花君)
誰ともつるまずよく授業をさぼり、まぁいわば不良で、進学校のクラスでは一人浮いてる。
その上校内で暴力沙汰を起こしたのが原因で停学中だから、みんなからのイメージは完全に「怖いヤツ」。
小さい頃に母親をなくしていて、こまりとはその頃から家族ぐるみの長い付き合い。
物心ついた頃にはこまりが好きだったが、最近こまりが結婚すると知ってその気持ちを抑えられなくなってきている。

 

坂下 七世
クラスで委員長を務める隠れお嬢。
本来なら花君と関わるような人種ではないが、ふとしたことがきっかけで友達に。
いつの間にか花君を好きになっている自分に気づき、毎日花君の言動に一喜一憂する。
意外となんでもズバズバ言うタイプで、花君にも自分の気持ちを告白済み。

 

こまりちゃん
花君が自分を好きだということは知っている。
だけど小さい頃から花君を見てきた身としては、どうしても恋愛対称には見れない。
その上教師ということもあって、花君に気持ちをぶつけられても都度スルーしている。

花君と恋する私を読んだ感想

花君も七世もいい子だ・・・。

 

なんかこの漫画、言ってしまえばよくある不良と純情女子の恋愛漫画なんだけど、それに収まらないとこがある!と私は思う!笑

 

キャラがみんな可愛い(>_<)

 

可愛いのに、初めの方の内容は花君も不憫だし、七世も不憫だし…。

 

なのに2人とも明るくって前向きで、どっちも応援したくなる(T^T)

 

しかも感情の描写が丁寧で絵も上手だから、もう惹き込まれるのなんのって。。。

 

学生の頃、好きな人ができたらその人しか見てなかったこととか、自分の言動に対する相手の反応ばっかりが気になったこととか、そういうのがめっちゃ細かくて伝わりやすく描かれてます。

 

3巻終盤ぐらいにちょうど花君が七世にデレだしたから、めっちゃ続きが気になる!

 

花君は不良なんだけど優しいし、七世は嫌味のない可愛さだから、多分この漫画みんな好きになると思います!

このページの先頭へ